厳しいと言われている第二新卒の転職。その中で、女性はどのような転職活動を行えばよいのかを教えます!!

第二新卒のメリットとデメリット

正社員で働く人、契約社員や派遣社員で働く人と、現在では昔と違って働き方の形態が変わって来ています。

一時期に比べて景気が悪くなり、大学を卒業する事は決まっていても、就職先がなかなか決まらない、などと言う例はもはや珍しくはありません。

仕事を探す時はハローワークを利用するのが一般的でしたが、現在ではネット応募できる企業も増えています。

しかし、求人の数も減ってきており、いざ就職試験を受けると言う段階になっても、書類選考だけで落とされてしまい、面接すら受けさせてもらえない、といったケースも多々あります。

大学や高校を卒業する予定の方が就職を希望している場合、就職内定率と言う言葉が使われますが、この就職内定率は年々悪くなっているのが現状です。

それでもここ2、3年は少しだけ良くなっているとの事ですが、それでも新卒で就職しよう、と思っている方には、まだまだ厳しい現実が続いている事は確かです。

また、新卒で晴れて就職したとしても、3人に1人は3年以内にその会社を辞めてしまうというデータもあります。

企業としても、若い人材を必要としているのですが、少子高齢化の影響でそれが難しくなって来ています。その上せっかく入社してくれた若い人が辞めていくとなれば、企業側も困ってしまうでしょう。

新卒で2、3年働いて、次の職場を探している人の事を第二新卒と言いますが、この、第二新卒歓迎と言う求人の条件を掲げている企業も少なくありません。

第二新卒にもメリットとデメリットがあります。

メリットはまず、第二新卒の方々は社会人としての経験があるので、新卒と違って社会人としての最低限の知識とマナーが身に付いている事です。企業側としてはそれをいちいち教える必要がないので、手間が省けて助かる、と言うのが本音なのではないでしょうか。

デメリットとしては、新卒と中途採用の中間に位置する第二新卒の人には、即戦力が期待出来る中途採用と違って、新卒とそう変わらない企業内での教育をしなければならない、という事です。

いずれにせよ、自分にあった職場で自分の力を発揮できる事が一番大事です。