厳しいと言われている第二新卒の転職。その中で、女性はどのような転職活動を行えばよいのかを教えます!!

面接を有利に運ぶには

面接では人事担当者は第二新卒者に特に冷たい対応を多く取ってくるでしょう。

理由としては持久力や忍耐力がないのではないかと疑ってくるからです。
人事担当者は第二新卒者を面接する時は疑ってかかります。

「すぐに辞めるのではないか?」「退職した理由は人間関係なのではないか?」など、
マイナスのイメージを多く持っています。

このようなイメージを払しょくして、企業に採用してもらえるような伝え方は
どのように行っていけばいいのでしょうか。

第二新卒者が転職をする理由は実際のところ、「人間関係」を理由にしている人が多いです。
全体の半分以上は人間関係で退職したと言っても過言ではないくらいです。

このような状況で第二新卒者が面接を有利に運ぶ方法はないものでしょうか。

対策としてはまず辞める前に一度考えてみましょう。

そして勤めている会社で抱えている問題を解決する努力を行ってみましょう。
もしかしたら第二新卒者として転職活動を行わなくて済むかもしれません。

人間関係のトラブルで悩んでいる時はとにかく上司や先輩などに色々相談してみたり、
キャリアアップが出来ない時は部署異動を申し出てみたりと環境を変えてみるのです。

逆にこれだけ頑張っても変わらないときは転職の決心を固めるいい機会になるでしょう。

そして、転職先の面接で考えて実践した改善策を伝え、やってみたが駄目だった旨を伝えるのです。

これで、会社で解決しようとして仕事をしていると判断されます。
ここから忍耐力や考える力を持っている人材と判断され、採用側の印象にも残ります。

しかしながら、対策を講じる前に辞めてしまった人もいることでしょう。

その人たちも同様です。「解決する努力をした」ことを採用者に伝えるのです。

どうしても講じなかった人はその行為を悔い改め、この会社でこういうことをしたいと伝えましょう。
企業側と合致すれば、採用への道が開けてくるかもしれません。

人を見る面接なのですが、環境を変えていく力も見られているので注意してください。