厳しいと言われている第二新卒の転職。その中で、女性はどのような転職活動を行えばよいのかを教えます!!

第二新卒の現状はこうなっています!

今、就職をしたい、転職をしたいと思っている人はたくさんいると思います。
最近では、新卒の枠に加えて第二新卒という枠をとっている会社がたくさんあります。

第二新卒について、それほど注目されているということでしょう。
どうして、第二新卒が注目されるようになったのでしょうか。

第二新卒についての現状を調べてみたいと思います。
今の時代、不景気と言われている時代です。

ですので、新卒の人たちも就職をするためにかなり苦労をしている時代になります。
新卒の人を雇うことを減らしてきているのです。

第二新卒の人に注目が、そんな中で集まってきているのはどうしてなのでしょうか。

企業というのは、上手く優れた人材を集めて、会社にいい影響を与えてほしいと思っているのです。

第二新卒の人にはどんなことを求めて、どうして就職をしてほしいと思っているのか。

今、ゆとり世代なんて言われていたりして、企業がほしいと思っている人材にまで新卒の人がまだ出来上がっていない状態である場合が多いんだそうです。

第二新卒という人たちの場合、年齢は新卒の人と近いという点がありますよね。

ですが、年齢は近くても社会人経験が短くてもあるので、ある程度成長をして企業がほしいと思っている状態になっている場合が多いのです。

ですので、第二新卒の人たちに注目を集めている企業が多くなってきてるということになります。

ある程度、社会人経験をしてきた人たちになると、真っ白な状態ではないという人が多いですよね。

経験などが豊富にあればある分、その分すぐに仕事に入り込むことが出来るかもしれませんが、違う応用というものが難しいというふうに感じてしまう場合が多いようです。

ですが、第二新卒だと、まだ白い部分が多いですから、前と違うやり方であったとしても、すんなりと覚えやすいという話になりやすいのです。

こういった色々な点で、第二新卒について注目が集まっているということになります。

企業が第二新卒獲得に乗り出す理由

第二新卒を率先して採用する企業は多いです。

社会を一度経験してドロップアウトした方や企業の選択を誤った人が該当していく第二新卒は少なからず社会人を経験しています。

仕事もしっかり覚えれば長く続けてくれる人であると考えている企業も多いです。
企業として、第二新卒を獲得しようとする理由は何なのでしょうか。

大きく分けて2つの理由があります。

まず1つ目は新卒採用の競争が激しくなってきたのです。
近年新卒の就職活動は早まり続けています。

結果、最近政府から学業に集中させるようにとお達しが出ているような状況になっています。
実際日本はここ数年不景気でした。

就職氷河期とも言われている状況でした。この影響で資金ができず、
長い間企業は新卒採用を積極的に行うことはできませんでした。

しかし今は少しずつ景気が上向きになってきています。景気が上向いてきたとともに、
多くの企業は新卒採用に積極的にはじめてきているのです。

その結果、思うように新卒を採用できない企業が現れてきました。人手不足の解消を行うために、
新卒の代わりに第二新卒をピックアップし採用してきているのです。

2つ目の理由は、若手の早期退職者への対応にあります。
現在は長続きしている社員が少なくなったと嘆く企業が多く、
一説では「3年で3割の新卒が辞めてしまう」時代といわれています。

これでは企業は面接などで人を見極めながら、せっかく採用してきた新卒社員なのに資産とならないのです。

数年で会社を辞められてしまうと、若手社員が増えず伸びずで恒常的に不足してきてしまいます。
状況の打破はなかなか難しいのです。

新卒の欠員を何とか補おうと考えた末に企業は、若手社員を補充したり確保する目的のため、
第二新卒を積極的に採用するようになったのです。

転職サイトなどで第二新卒を積極的に採用しているということは、
裏を返せば若い人でも活躍してビジネスシーンで戦うことができるのです。

就職を考えている第二新卒者は積極的に採用している企業へアプローチしてみましょう。

第二新卒の転職の際に気を付けるべきこと

大学や高校などの教育機関を卒業して、数年働いたけれど新たな活躍の場を求めて
転職活動をする方が増えています。

転職する理由は人それぞれだと思います。

大学の就職活動中では、なかなか採用してもらえないという雰囲気の中、
元々自分の希望していない企業の就職試験に焦って応募してしまった、と言う理由の方もいるでしょう。

就職したのは良かったけれど、働いてみて初めて自分にはこの職業は合わない、
と感じる場合もあるかもしれません。

そういった方々が転職活動をする際には、自己ピーアールする力が大切だと言われています。

就職試験の際に提出する履歴書には、職務履歴を書く欄がありますが、
ここを白紙で出してはいけないと言われています。

企業で働いた経験が浅いと、この部分を省いてしまいたくなるものですが、やはり企業で働いた経験があるのは確かなのですから、企業名、職歴などを詳しく書いたほうが良いとされています。

採用を決める企業の担当者は、そういった職務経歴書などもしっかりと目を通し、
どういった人物なのかを考える事でしょう。

社会で働いた経験が数年の場合、仕事でのキャリアを積んでいることをアピールしすぎるとかえって不自然になってしまいます。数年の社会人生活では、そんなに大きな実績が積めるものではありません。

では、どういった点をアピールすればよいのでしょうか。

学生の時の就職活動のように、サークル活動やボランティア活動を例に挙げて
自己PR文を書くのはあまり良い例とはいえません。

第二新卒なのに、新卒のそれと同じようなピーアール文章では、
数年の社会生活から何も学んでいないのだな、と捉えられてしまう可能性があります。

前にいた、或いは今所属している会社でどのような仕事をしてきたか、
これからはどういった事をしたいのか、をきちんと書くようにしましょう。

就職してまだ数年の人は第二新卒と呼ばれ、まだ若く吸収力があり、
企業側としても積極的に採用したいと考えている場合も多いものです。

前と同じような間違いをやりたくない、と消極的にならずに、若さとやる気を上手にアピールしたいものです。